風柳メモ

ソフトウェア・プログラミング関連の覚書が中心。

【アマゾン注文履歴フィルタ】確定申告にも便利かも?! Kindle 等のデジタルコンテンツの領収書をまとめて表示する拡張機能/アドオン/ユーザースクリプト

漫画家の方などが、確定申告用にアマゾン(Amazon.co.jp)の注文履歴から Kindle を検索して領収書を個別に表示・印刷するのが手間がかかる、というようなことを Twitter でつぶやいておられたので、まとめて印刷出来たら少しは楽かな?と思い、スクリプトを書いてみました。
デジタルコンテンツ(Kindle等)以外でも、注文履歴に表示されるものについては対応しています。
2018/02/12現在、印刷(PDF出力)する他にも、注文履歴のCSVダウンロード機能がつき、データとしてより扱いやすくなりました
また、お届け先キーワードによる絞り込みなど、フィルタ機能も当初よりも充実しています。

PC 用ブラウザ向けの拡張機能/アドオン/ユーザースクリプトであり、Google Chrome/Firefox Quantum (ユーザースクリプトは Tampermonkey)上で動作確認しています。
拡張機能版は、Vivaldi、および、Opera+Install Chrome Extensionsでも動作する模様。
なお、MS-Edgeでは、拡張機能版/ユーザースクリプト版共に正常に動作せず(2018/02/05現在)。
→2018/02/06現在、拡張機能版は一応 MS-Edge でも動作するようになりました(でも重いです)。GitHubからソース一式をダウンロードして後はこちらの記事を参考にしてやれば、試すことはできると思います。なお、ユーザースクリプト(Tampermonkey)版は依然として動作しません。



インストール

Chrome 拡張機能版(Google Chrome/Vivaldi/Opera+Install Chrome Extensions対応)

chrome.google.com

より、[+CHROME に追加] ボタンを押してインストール。
ボタンの名称はブラウザによって異なります([+(ブラウザ名)に追加])。

Firefox Quantum アドオン版(WebExtensions)

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/amzorderhistoryfilter/addons.mozilla.org

より、ページ上に表示されている [+ Firefox へ追加] ボタンを押してインストール。

使い方

インストール後、注文履歴を表示し、対象となる年を選択します。
動作するのは、年を選択した場合だけです。「過去6カ月間」「過去30日間」では動作しませんので、ご注意を。
すると、対象月を選択するためのプルダウンメニュー、および絞り込み用チェックボックスが表示されます。
f:id:furyu-tei:20180204193820p:plain
対象月を選択すると、該当する注文一覧が表示されます。
表示されるまでに読み込みに時間がかかることがあります。

f:id:furyu-tei:20180204193814p:plain
[領収書印刷用画面]ボタンを押すと、別タブが開き、対象となる注文の領収書を読み込みます。
「☑デジタル」「☑デジタル以外」の両方にチェックしている場合、それぞれは別々のタブに開きます。

f:id:furyu-tei:20180204193810p:plain
領収書の読み込み完了するまでお待ちください。
対象となる注文の数が多いほど、読み込み時間も長くなります。

f:id:furyu-tei:20180204193806p:plain
読み込みが完了すると、同じページ内に複数の領収書がまとめて表示されます。
各領収書は横罫線で区切られ、便宜上のNo.が振られます。No.は個別領収書へのリンクになっています。
印刷時には、横罫線は表示されず、改ページとなります。また、No.リンクも非表示となります。

これで、ブラウザの機能により(「このページを印刷してご使用ください」リンクをクリックするか、[Ctrl]+[P]を押します)
f:id:furyu-tei:20180204193802p:plain
複数の領収書がまとめて印刷できます。
Firefox では、この方法ではプレビューは表示されません。プレビューを表示したい場合、右上のメニュー(≡)→「印刷...」とします。
まとめて印刷する関係上、ヘッダがあると 、URL 等の領収書と一致しないものが出てしまいますので、気になる場合にはヘッダ・フッタを印刷しないようにした方が良いでしょう。

Google Chrome では、印刷プレビュー画面左上にある「送信先」を「PDF に保存」に変更すると、印刷する代わりに PDF ファイルとして出力することができます。
後で見直したり、必要なものだけを印刷したりする場合には、PDF に保存しておいた方が便利かもしれません。

FIrefox では、標準では PDF で保存する機能は無いようですので(当方が知らないだけかも知れませんが)、別途そのためのアプリが必要になります。

無料のものだと、
www.cube-soft.jp
といったものがあるようです。

免責事項(念のため)

ご利用の際には全て自己責任でお願いします。
不具合があったり、使用した結果等により万一何らかの損害を被ったりした場合でも、作者は一切関知いたしませんので、悪しからず。

お問い合わせ先

お問い合わせやご要望などありましたら、この記事のコメント欄か、@までお願いします。
不具合報告やご要望などは、GitHubのIssuesへもどうぞ。

「気に入った!」のお気持ちは、ギフト券で!

せっかくのアマゾン用の拡張機能/アドオンなので(笑)、「気に入った」「役に立った」と思われたら、いくらかでも Amazon ギフト券で頂けると、大喜びします!

Amazonギフト券(Eメールタイプ)

  • 受取人メールアドレス:「furyutei@gmail.com」
  • メッセージで何かひとこといただけると嬉しいです


贈り方は、

Amazonギフト券Eメールタイプとは?使い方を写真付で解説

等をご参照ください。

開発経緯

Twitter 上で、




のようなツイートを見かけたことがきっかけです。

もっとも、自分自身は確定申告の経験が無いため、これで役に立つのかどうかは不明です(苦笑)。

オチ


野間美由紀さんはMacユーザーで、Safari を使っていらっしゃるため、Chrome も Firefox も入れていない模様……。
うーん、Safari 用 Tampermonkey を入れればユーザースクリプト版がもしかしたら動作するかもしれないのですが、手元に Mac が無いので試せないのですよね……。
来年……果たしてどうなっていますかねぇ……。
まさか節分過ぎたばかりでもう来年の話をするとは、この拡張機能を作るまでは思いもしませんでしたが(笑)。

覚書を兼ねた独り言

作成中にハマった点など

今回も思わぬところでハマりまくりました……。

  • 領収書専用のウィンドウを開いて、そこに領収書分だけタブを開き、後で全タブ選択して印刷すればできたりしないか?
    →タブを複数選択しても、印刷されるのは現在表示されているページだけだったのでダメ
  • 注文履歴ページを $.ajax() で取得すると、よくわからない(HTMLではない)ファイルが返る
    →リクエストヘッダに X-Requested-With : XMLHttpRequest が含まれると、Amazon から HTML ではない形式で返されてしまう模様
    →crossDomainパラメータをtrueで指定してやるとX-Requested-Withが送られなくなった(参考1参考2
  • Firefox のアドオン版として動かしたときだけ、$.ajax() によるページ読み込みが失敗する
    →$.ajaxに指定する際、url は相対パスだとだめ("SyntaxError: The URI is malformed."エラー)
    → new URL() で絶対パスに変換して大丈夫になった
  • 注文履歴を取得して表示する際、件数が多いと表示が固まってしまう
    →ブラウザのウィンドウ内で見えない分は非表示にし、スクロールしたときに必要分だけ表示するようにして対応
  • 領収書を $.ajax() 等で取得すると、支払情報等の欄が入っていない
    →スクリプトで動的に表示するようになっているらしい
    →裏で(IFRAMEで)開いて、表示が落ち着くまで監視し、落ち着いたら HTML を取得して親ウィンドウに postMessage() で送信することで対応
  • 領収書の数が多いと、ブラウザが固まる・応答しなくなる等の現象が発生
    →領収書の数だけIFRAME作っていたので(開きすぎだ)、一定数だけ開き、終わったら使いまわすことで対応
  • アイコン作成が面倒
    →面倒だけど、やるしかなかった(苦笑)
その他に気付いたことなど

関連記事(追記・機能追加のお知らせなど)

furyu.hatenablog.com
furyu.hatenablog.com