風柳メモ

ソフトウェア・プログラミング関連の覚書が中心。

Windows 10 のバージョン 1703 が酷かったので、急いで 1709(Fall Creators Update)を適用した

バージョン 1703 の憂鬱

先日、Windows 10 が自動的にバージョン 1703 になっていたのだけれど、自分の環境(NJ5700E)ではこれが酷かった。

  • Capsに割り当ててあったCtrlが無効化されていた
  • "Microsoft KM-TEST Loopback Adapter"(CIFS over SSH用)が削除されていた
  • Windows 10 アップデート前に、タスクバーにピン留めしてあったアプリの一部が消えてしまっている
    エクスプローラー、IE、Chrome、Firefox、Vivaldi、FileZilla等……サードパーティ製ブラウザが軒並み消えていたのには悪意を感じてしまう……
  • ↑を再登録しても、再起動したりログオフ/オンするともとに戻ってしまった
  • タスクバーを引き伸ばして2段の状態で「タスクバーを固定する」にチェックを入れているのに、再起動等すると一段の状態に戻ってしまう
  • MS-EdgeのTampermonkeyでユーザースクリプトがインストールできなくなった(アイコン点滅・読み込み状態がずっと続く)
  • 無効化してあった Windows Search が有効になっていた
  • WZ Editor 9(WZ 9.0.29)が起動しなくなってしまった
    これは最新の WZ 9.0.46 をダウンロードして入れなおすことで解消

バージョン 1709(Fall Creators Update)の適用後

1703 での対処方法を探すのも面倒だし、すでに 1709 が提供されていたので、これを適用後に対処することに。

新たな問題
  • ディスプレイアダプタ(NVIDIA GeForce GT 640M)が、「ビデオ コントローラー(VGA 互換)」となってドライバが入っていない
  • ハイバネーション(休止状態)が有効になっていて、hiberfil.sys がディスク容量を圧迫
自動解決
  • タスクバーにピン留めしていたアプリが消えたり、再起動で無くなったりといった症状は改善
  • MS-Edge の Tampermonkey の上記不具合は解消、普通に動作するように
手動で対応
  • Caps → Ctrl は手動で再度設定(Ctrl2capを使用)
  • "Microsoft KM-TEST Loopback Adapter"は再インストール
    デバイスマネージャー → 操作(A)→レガシ ハードウェアの追加(L)から入れ直し
  • Windows Search は手動で無効化(こちらの記事を参照)
  • ディスプレイアダプタは、NVIDIAドライバダウンロードからドライバをダウンロード・インストールして対応
  • hiberfil.sys を削除(こちらの記事を参照)
未解決
  • タスクバーを2段に引き伸ばした状態での「タスクバーを固定する」はうまく動かないまま(再起動等すると1段に戻ってしまう)