風柳メモ

ソフトウェア・プログラミング関連の覚書が中心。

【覚書】Google Fusion Tables を使えるようにする手順

データベースと地図とのお手軽な連携方法を調べていて、Google Fusion Tables と Google Maps の組み合わせが使えないかなあ、と思ったので、試してみることに。
……が、実は前提となる Google Drive 自体をほぼ使ったことが無かったこともあって、とりあえずテーブルを作成する状態まで持ってくるのにも少々とまどったため、忘れないうちにメモ。

Google ドライブに Google Fusion Tables のアプリを追加(接続)(初回のみ)

Googleドライブのマイドライブから、
[新規] → その他 → +アプリを追加
とたどって、
f:id:furyu-tei:20150819211106p:plain
By Google から
f:id:furyu-tei:20150819211111p:plain
Fusion Tables を探し出し、
f:id:furyu-tei:20150819211114p:plain
接続する。
f:id:furyu-tei:20150819211118p:plain
この手順は一度実施するだけで良い。


テーブルの作成

Googleドライブのマイドライブから、
[新規] → その他 → Google Fusion Tables
を選択し、
f:id:furyu-tei:20150819211122p:plain

のいずれかを選択して[Next]を押すと、
f:id:furyu-tei:20150819211125p:plain
テーブルが作成される。
f:id:furyu-tei:20150819211130p:plain

【付記】Two column location の設定方法

Edit → Change columns
にて、カラムを追加・削除したり、名前や型(Type)等を編集したりできる。
f:id:furyu-tei:20150819211134p:plain

カラムの Type で "Location" を選んだ場合には、地名や住所、緯度・経度の組み合わせ(カンマ区切り)などを入れることができる(これは Map の方にも反映される)。
このとき、緯度・経度しか使用しない場合には、「□ Two column location」にチェックを入れて、緯度(Latitude)、経度(Longitude)として使用するカラム名をそれぞれ指定すればよいのだが、最初これを行おうと、Latitude カラムを追加してみると、
f:id:furyu-tei:20150819211139p:plain
Type を Location に変更しても、「□ Two column location」が選択できない(灰色表示)。

いろいろ試してみたところ、先に Longitude に該当するカラムを Type = Number で作成してから、
f:id:furyu-tei:20150819211149p:plain
一旦[Save]し、再び、Edit → Change columns から開くと、
f:id:furyu-tei:20150819211154p:plain
今度は選択できるようになっているので、チェックし、Latitude/Longitudeにそれぞれ対応するカラム名を選択して(ついでに、不要になったLocationカラムは削除して)、再度[Save]する。


このようにカラムを設定してから、実際に緯度・経度を指定したデータ(行)を作成してみると、
f:id:furyu-tei:20150819211158p:plain
"Map of Location" タブで、当該データがプロットされているのを確認できる。
f:id:furyu-tei:20150819211203p:plain