風柳メモ

ソフトウェア・プログラミング関連の覚書が中心。

自分の会社や案件でGoogle App Engineを使いたくは無い、たった一つの理由

そのままのデータベース(datastore、Bigtable、呼び方は何でもよいけれども)では、日本語(というかUnicode)の検索が(事実上)使い物にならない、ただそれだけ。

前方一致以外の検索ができないという問題があります。これらの問題に対する解もあるのですが、作り込みのコストがかかるので、Bigtableの弱点を多用するような案件はAppEngineでやるのはおすすめしません。

AppEngineにどんなアプリが向いているのかを知ろう - ひがやすを blog

私自身はデータベースの知識はほとんどありませんが、それでも、大量のデータを管理する場合、その検索が必要になる、というのはほとんど決定事項のようなものでしょう。
そんなとき、「あ、日本語の検索は苦手なんだそうですよ」といって、それでも使おうというお客がどれだけいるか、という話ですよね。
ましてや『Googleといえば、検索』と思っている人が大多数の世の中で、ねぇ。

その他の欠点なんて、上記に比べれば瑣末な問題、だと思うんだけれどなぁ。
逆に言えば、日本語(Unicode)検索が自由自在ということになれば、一気に状況は変わるんじゃないか、と予想をしてるんですけれども。