風柳メモ

ソフトウェア・プログラミング関連の覚書が中心。

TwitRenderでTwitter APIアクセス制限回避

TwitRenderTwitStarの組み合わせで、TwitterのAPI制限にひっかかる問題を回避してみたつもり。

とりあえずTwitStar

インストール(更新)→TwitStar

(ver.0.01b)にすれば、Twitter側のアクセス制限で整形出来ない問題は回避される……と思う。

結局HTMLスクレイピングしかないか…

TwitterにてLDRizeでPinを立てた発言をまとめる試み - 風柳メモで書いた『大きな落とし穴』

TwitterのAPI(http://twitter.com/status/show/id.json)アクセス制限がきつすぎ……

があんまりなので、結局、スクリーンネーム&ステータスIDから個別ページのURL(http://twitter.com/user/status/id)をこしらえてHTMLを取得・解析することにしてしまった。
これだとページ構造変わっちゃたら動かなくなるから、やりたくなかったんだけどなぁ……。
ステータスID単独で、個別ページの情報を取る方法って(http://twitter.com/status/show/id.json経由以外で)他にないよなぁ?